ホーム50代の楽しみ方 ≫ ローソンのもち食感ロール「いちご」は懐かしいパンの味?

ローソンのもち食感ロール「いちご」は懐かしいパンの味?


ローソンのもち食感ロールを時々食べています。
クリームが無性に食べたくなる時があり、そんなときにいつもつい買ってしまうのはローソンのもち食感ロール。

もち食感ロールには色々なシリーズがあり、さくらのお気に入りはプリン味。
今回は初めて「いちご」を購入しました。
さてそのお味は?
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


「いちご」は見た目にもきれいなピンク色をしています。
売り場の冷蔵庫でも、
「ん?」
と目を引く存在感があり、一度は目を止めてしまうのではないでしょうか。
ローソンもち食感ロール いちご
さくらも購入するつもりはなかったのですが、目に留まってしまい、またついつい購入してしまいました。
この「いちご」は昨年から販売されているようですが、初めて見つけたということは期間は限定なのでしょうか?
もち食感ロール好きとしては、ダイエットはさて置いて、一度は食べておかないとというところですね。

肝心の味ですが、いちごの香りがプンプンしそうに見えましたが、開封したときそれ程の香りはありませんでした。
期待しすぎ?笑

パクッと食べると、クリームに入っているいちごジャムの甘酸っぱさが舌に乗り、舌痛症(かもしれない)のさくらにはかなり酸っぱい刺激がありました。

更年期の舌痛症は舌が敏感になる場合があります⇒舌が痛くて食事が取れない、人と話がしずらい、更年期に多い舌痛症とは?

食べなれてくると、酸っぱさもさほど気にならなくなりました。
クリームの部分はいちごジャムがすじ状に練りこんであります。
クリームに混ぜ込んであるわけではないので、食べた時にクリームとイチゴジャムがバラバラに口の中で感じられます。

学生の頃によく食べた、クリームとイチゴジャムが挟まっているパンを思い出しました。
例えるとそんな雰囲気ですね。

さくらは混ぜ込んであるようなものの方が好きなので、この「いちご」は残念ながら今一つでした。
あっ、でも美味しくない訳ではないですからね。
あくまでも好みの問題。
酸っぱくなかったら混ぜ込んでなくても美味しかったかもしれません。

もち食感ロールはクリーム部分が、バナナやミルクやいちご、プリンなどの味で変化させた商品があり、クリームを食べるときが幸せですよね。
プリン味は、「プリン」と「もち食感ロール」が好きな人には、両方がいっぺんに食べられるようで、大満足でしたよ。
プリン味するっていう発想が素敵!と密かに応援しています。

コンビニスイーツも最近は本格的な商品が多く、知らないで食べたらコンビニのものとは思えない味のモノが多いですよね。
定期的に新商品が出るのでしょうか。
また新製品が出るのが楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル