ホーム断捨離 ≫ 年内の服の断捨離、果たして決着はつくのか!?

年内の服の断捨離、果たして決着はつくのか!?


年内に服の断捨離を終えるべく、「古着deワクチン」に送り状と段ボールの申し込みをしていました。

申し込んでから約2日後には届いていました。
ですが年末の忙しさにかまけて、約1週間放置。

先ほどようやく手を付けました。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


「古着deワクチン」というサイトは、古着を送ることで一口につき5人分のワクチンを寄付できるのです。
たくさんの買い取り業者を比べた結果、ここならさくらの古着も役立つのではと決めたサイトです。

「古着deワクチン」について詳しく記事に書きました⇒洋服の断捨離、最後の砦は人の役にも立つこのサイトがありました。

さくらが申し込みをしたのは、箱アリのコースで、箱は中と大がありましたが、中をお願いしました。
中は47cm×47cm×47cmの正方形。

箱には送り状と一緒にこんなパンフレットもつけてありました
服 寄付 古着deワクチン
服 寄付 古着deワクチン

届いたときの段ボールの画像です。
服 断捨離
ティッシュペーパーの箱と並べてみましたが、そんなに大きく感じません。
送るものは引っ張り出したままで、まだ整理していませんでしたが、全部入るかな…

そして段ボールを広げて組み立ててみると、
服 寄付 古着deワクチン
で、でかい(;'∀')
中に先ほどのティッシュペーパーの箱を入れてみましたが、想像以上に大きいです。
47㎝四方って、こんなに大きかったのですね。

中にしておいてよかった。
ちなみに大は50cm×50cm×60cm。
ちょっとの差だけど、相当大きいのでしょうね。

そして送る洋服を全部並べてみましたよ。
服 寄付 古着deワクチン
フリーマーケットのようですね。
この中に値札のついたままの新品が2つ、1~2回しか着ていないものも結構あり、何年もタンスの肥やしになっていました。

3カ月前に断捨離を始めましたが、やらなければ一生タンスの肥やしになっていたかも。
今回送るにあたっても、一度引っ張り出してしまったものもありました。笑
あきらめが悪い。

断捨離したくないなーって、ずーっと思っていた服も、出してよく見てみると思っていたよりもよくなかったり。
記憶ってあいまいですよね。
捨てたくないって思っていると、ものすごく素敵なものになってしまう。

捨てたくないものもたまには出して見てみることも、必要かもしれませんね。
そして洋服を箱に入れてみましたが…
服 寄付 古着deワクチン
ゲゲッ!箱が大きすぎて、三分の一くらいすき間が開いています!
もっと何か詰めないともったいないですね。

集荷は明日来てもらうことにしたので、明日までにもう一度、家探ししてみたいと思います。
ちなみに今回入れた洋服は、
・シャツ 12枚
・カーデガン 2枚
・上着 3枚
・ダウン 1枚
・パンツ 4枚
・スエット 1枚
・靴 2足
でした。

もっと早く送ることを決めていたら、資源回収に出さなかったんですが、ちょっと残念でした。
でも資源回収にたくさん出し、捨てられない洋服があり、こういうサイトを知ったのだから、良しとしなければ。

ではもう少し送るものを探してみます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

町代さん、こんにちは

寒さで冬眠中?笑
マイペースで頑張ってくださいね(^^)
とにかく、ここに洋服達を送るところまでは、何とか年内終わらせなくてはと、ダッシュしました。
ホッとして、気が抜けてます(^_^;)

さくら | 2015.12.26 18:19 | URL


おー進んでますねー。
寒さに負けてというのもあり、私はちょっと断捨離サボり気味…
来年も引き続き捨活していきます。

大森 町代 | 2015.12.25 20:03 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル