ホーム健康法 ≫ 靴を変えれば、抜けなかった体の疲れが激減するかもしれません。

靴を変えれば、抜けなかった体の疲れが激減するかもしれません。


靴えらびはどうやって決めていますか?
靴は体にとても影響しやすく、疲れのたまり方も靴でかなり変わるように感じています。

さくらは足底筋膜炎偏平足など、足にトラブルがあるので、靴には少しだけこだわりがあります。
今回は体に疲れがたまらなさそうな靴を、初めてネット購入しました。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


いつも靴ははショップで必ず試し履きして購入していますが、今回6足処分して、日々履く靴がなくなってしまい(汗)急ぎ購入しました。

6足のうち2足はこちらに寄付しました⇒年内の服の断捨離、果たして決着はつくのか!?

本当は毎日履き替えたほうが良いのでしょうけれど、気に入るとそればかり履いてしまいます。
ほとんどが自宅とサロンの往復なので、履きやすい1足ばかりを選んでしまいます。

その1足がだいぶ疲れてしまい処分し、新たな相棒を探しました。
靴 体の疲れ
それがこれ。
写真だと黒に見えそうですが、茶色に黒いポイントが入っています。

ミズノLS501というウォーキングシューズです。
ウォーキングシューズは、その名の通り、歩きやすく体への負担が少なくて済みます。

おしゃれなデザインは、見た目を重視するときには大切ですが、体への負担が半端でないことがあります。
例えばヒールは、骨盤をゆがめ、背骨もゆがめてしまいます。
そして脚の筋肉が硬直するので、冷えや腰痛の原因になる場合も多々あります。

ヒールの選び方や正しい歩き方もあると思います。
けれど、靴が原因と思われるトラブルがお客様の中に多いことも事実。

50代になったら、デザイン性よりも体への影響を一番に重視してほしいところです。
さくらも以前はトラブルの多い足のために、1足3~5万円の靴を購入していました。

でも…
たくさん買えないですよ。
で、そこまでこだわらなくなりましたが、履きやすいようにソールなどを使い、疲れない工夫をいつもしています。

今回のミズノのウォーキングシューズは、クッション性が良いことが決め手で購入しました。
あと、デザイン的に大きすぎないのもよいかな。

この靴の前に履いていたものは、ウォーキングシューズでも踵があるもので、その踵が縦に細く、よく足をひねっていたんです。
試し履きしたにも関わらず、履きにくかったなー

新しい靴に変えたら、歩きやすく足の疲れは激減しました。
昔購入していた高い靴にもひけをとらないかも。汗

いま体の疲れが抜けなくて困っている人は、一度は靴を見直してみてくださいね。
足にタコやマメがある人は、体にも影響が出ているはずですから。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル