ホーム断捨離 ≫ 書き損じのはがきの交換で新しいはがきにリフレッシュ。

書き損じのはがきの交換で新しいはがきにリフレッシュ。


みなさん、年賀状は書き終えましたか?
最近はメールで済ますことも多くなり、書かない人も増えましたよね。

さくらはお客様に毎年年賀状を差し上げていますが、結構書き損じを出しています。
ラストスパートで年賀状を作成すべく、今年のお正月にいただいた年賀状を出してきました。

すると、書き損じのはがきを発見。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


大昔のモノから、昨年の年賀はがきまで、全部で80枚もありました。
はがき 交換
ずっとしまい込んでいましたが、しまっているだけではどうにもなりませんよね…
と、重い腰をあげ、今年最後の断捨離(捨てるわけではないから断捨離ではないか…)すべく、郵便局へ行きました。

こんな年の瀬の忙しそうなときに、交換してなんて持ち込んだらちょっと嫌な顔されるかな…
と、心配でしたがそんなこともなく、サクサク親切に交換してくれました。

郵便局では書き損じのはがきは、1枚につき手数料5円で交換してくれます。
交換ははがきでも切手でも、どちらでもOKなんだそうですよ。

50円のはがき78枚
52円のはがき2枚
合計4004円

それを52円のはがき69枚と、2円切手8枚に交換してもらいました。
すべて相殺してもらったので、持ち出しのお金はなしでした。
書き損じ はがき
交換してもらっただけで得したわけではないけれど、使えるはがきに交換しておけば、いざというときすぐに出せます。
それに使えないものを取っておくのは、やはり気持ちが悪い。
さくらも結構、成長したんですね。笑

この断捨離の記事を書き始めて約3カ月⇒ 片づけしようと思いました。その前に、断捨離、ミニマリスト、シンプルライフ違いは何?

右も左もわからない断捨離からはじめ、ようやく普段の生活の中で効果を実感してきています。
50年近くのんびりしていたので、ちゃんと性格に根付くまでは果たしてどのくらいの期間がかかるのかわかりませんが、とにかく続けていこうと思ってます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル