ホーム50代の考え方 ≫ カッコいいおばあちゃんを作り出す秘訣とは?

カッコいいおばあちゃんを作り出す秘訣とは?


先日お客様が、とても綺麗で可愛らしいおばあさんをお見かけしたそうです。
年齢を重ねても、綺麗だと思われるって素敵ですよね。

さくらもそんな風に歳を重ねていきたいです。
どうしたらいつまでも素敵な女性でいられるのでしょうか。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


さくらは身だしなみが整っていて、姿勢が良く、表情が豊かな女性を見ると、とても素敵だなって感じます。

若いころは若さでカバー!的なところもありますが、年齢を重ねていくと、心が身体ににじみ出てきますよね。
人って嬉しいことがあれば、顔を上げて晴れ晴れとした表情をしますし、悩み事があればうつむき加減だったり。

考えが身体に出てくるということは、いつも不平や不満だらけであれば、そういう姿勢や表情になるようです。
40過ぎると顔を見れば性格がわかるっていうくらいです。

でも普通の人であれば、生きている限り不平や不満は出ますよね。
さくら、出まくりです(;^ω^)

そんな時に無理に感情を抑える必要は無いと、さくらは考えています。
というか昔は、こんなに満ち足りた生活をしているのに、不満を言ってはいけない。
って自分を抑えてました。

自分の気持ちを表に出さず、認めなかった。
でも、そんなことをしたところで、不満がなくなるわけがないですよね。
抑えつけているだけですから、かえって不満は増える一方。

ということに、40歳を過ぎてから気が付きました。
じゃあ不満をなくす為にはどうしたら良いのか。
それは「物事の見方を変えてみる」という答えに行きつきました。
考え方 カッコいい
たくさんのお客様に接していると、同じような事柄があっても、気にしない人、不満だらけの人、すぐに乗り越えてしまう人と色んな考え方の方がいらっしゃいます。
さくらは頭にくることや、心配事が起きた時、あの人だったらどうするだろう、どんな見方をするだろうってよく考えます。
色んな人に当てはめてみるんです。

頭にきているときは、ひとまず感情を優先しますよ。
そんな時に悠長に考えていられないから。笑
そこは自分を許します。

けれど後で落ち着いたとき、自分の見方だけでなく多方面から見るために、あの人だったら…をやってみます。
そうすると不思議と今まで見えなかった糸口が見えてきて、問題が解決できたり、怒っていた自分がアホらしく見えたりするんです。

悩みの大きさも人それぞれですし、すべてが解決するわけじゃないけれど、乗り越えられるヒントにはなると思います。
そこにとどまって不満を言っていたければ別ですが…

「物事の見方を変える」を何度もやっていくうちに、自分自身の引き出しが増えて考えが大きく気なるように感じます。
そうすると、不満ってどんどん減っていきますよね。
不満に思っていた出来事が、実は真反対のことだったりすることもよくあることです。

不思議なことに不満に思っていないと、周りが変わっていきます。
自分が変化したからなんですが。

こんな風に「物事の見方を変えて」不満をなくし、歳を重ねられたら、必ずやカッコいい素敵なおばあちゃんになれるとさくらは信じておりまする。
前向きに歳をとるってこういうことなんじゃないかな?

そして身ぎれいな身なりをしていたら、本当に素敵ですよね。
今日は何となく取り留めなくなってしまいましたが、綺麗になるために大切だと考えていることを書いてみました。
あなたはどう思いますか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル