ホーム美容法 ≫ ちょっとの時間でもたるんだフェイスラインが手に入る、こんな方法いかがですか?

ちょっとの時間でもたるんだフェイスラインが手に入る、こんな方法いかがですか?


イタリア語を習っているお客様から、とても興味深いお話を伺いました。
そのお客様の知り合いの日本人で、イタリア語の通訳をしている方がいるそうです。

その方は通訳を何時間もすると、お顔の筋肉がとても疲れるんたそう。
何故ならばイタリア語というのは、口元を横に引く発音が多いそうなんです。
表情筋をよく使うんですね。

もしかしたら私たちも、毎日ちょこっと気を付けるだけで、綺麗なフェイスラインが手に入るかもしれません。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


日本人ってあんまり喜怒哀楽を出さないっていうか、穏やかな民族なのでしょうか。
口元をあまり大きく動かさなくても、言葉も十分に話せますよね。
日本語自体がそういうものなのかもしれません。

これは結局のところ、お顔の筋肉である表情筋が十分に使われていないということ。
使われていなければ、コリ固まるか、引き締まりがなくなるか、結局は「たるみ」へまっしぐらですね。

フェイストレーニングは多々ありますし、効果もでますが、もっと簡単に日々できることで効果を出したいところです。
それならば。
表情筋が良く動くように、口元を大きく動かして話をするようにしたらどうでしょう??

まぁ、突然やり始めたら、驚かれるかもしれません。
さくらが夫にやってみたら、どこかの線が切れたと思われかねません…
ちょっとやってみようかな。。

最初から人前でというのは、少しハードル高いかもしれませんね。
普段からあまり口元を動かさずに話している方は、少しおおげさにしても全く問題ないと思いますが。

ではこんなやり方は?
好きな歌を一曲、口を大きく開けて歌うというのはいかがでしょう。
やりやすいかどうかは人それぞれですが。。
フェイスライン 表情筋
大きく開けても、大声は出さなくて大丈夫です。
カラオケボックスとかで、大声も出せればもっといいですけど!(^^)!

アップテンポ過ぎる曲は、たぶんお顔がついていけないと思います。
(今やってみた)
スローな曲から始めて、だんだんとアップテンポにすると良さそうです。

サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」で試しましたが、2番まで歌いきれませんでした(>_<)
顔がつりそう。やっぱりバラードから始めよう。
でも、お顔の血行は間違いなくよくなりましたよ!

前出の通訳の方は、とてもフェイスラインがきれいなんだそうです。
大口歌いの効果もきっと抜群のはず!
こうやって表情筋が鍛えられてくると、少し微笑むといった「品のいい笑い方」も出来るようになるんですよ。

お顔の皮膚が乾燥していると、シワの元になるので、ちゃんとお手入れしてからお試しくださいねっ♡

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル