ホーム更年期 ≫ 大豆イソフラボンが更年期の症状に効かない?!その訳は?

大豆イソフラボンが更年期の症状に効かない?!その訳は?


大豆イソフラボン女性ホルモンの「エストロゲン」の代わりをすることは有名です。

だから更年期の症状には大豆イソフラボンたっぷりである、豆乳を始めとした大豆製品が良いと言われていますよね。
でも、あなたが一生懸命飲んでいる豆乳や大豆製品は、もしかしたら更年期の症状に効果がないのかもしれません!
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


大豆イソフラボンは、「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」など15種類があるのですが、
その中でも女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用をするのは、「ダイゼイン」だけなんです。

食品から身体の中に入った大豆イソフラボンの「ダイゼイン」は、腸内細菌の「エクオール産生菌」によって「エクオール」という成分に生まれ変わります。

大豆イソフラボンの「ダイゼイン」 
   ⇓←腸内細菌「エクオール産生菌」によって
 「エクオール」になる
   ⇓
「エストロゲン」と同じような働きをしてくれる 


でもね。誰でも「エクオール」を作り出せるわけではないんです。
何故かというと、「エクオール産生菌」を持っている人と、持っていない人がいるからなんです!

日本人では二人に一人しか持っていないんだそう。
50%の確率です。

欧米人では20~30%しか作れる人がいないそうですが、日本以外のアジアの国では、中国、韓国、台湾など大豆をよく食べている国で「エクオール」を作れる人は多いんだそうです。
大豆をどのくらい摂取しているのかが決め手のようですね。

日本人は50%の確率ですが、若い女性になると「エクオール」を作れる人は、20~30%程度。
3~4人に1人しか作れません。
今はだんだんと食生活が変わってきていて、それが若い世代の人たちの身体に影響しているのでしょうね。

「エクオール産生菌」は、大人になってからは作り出されることはないんだそうです。
腸内細菌は、離乳食から小児期の食生活の影響を大きく受けるので、お子さんやお孫さんがこの時期に当たる方は、ぜひ食生活に気を付けてくださいね。

とはいっても、食物アレルギーも多いこの昨今。
健康でいることもなかなか簡単ではないですね~
さくらもニンニクはダメですし。
好きだけど食べられずガッカリです⇒医師もビックリ!片頭痛の意外な原因とは?

「エクオール産生菌」を持っていない人は、いくら大豆製品を身体に取り込んでも、大豆イソフラボンが「エクオール」に変換されることはないのです。
更年期のために大豆製品を一生懸命摂取しても、効果がないのでは悲しいですよね。

自分の腸に「エクオール産生菌」がいるのかいないのか、簡単にチェックできる方法があるんです。
まずはそれをチェックして「エクオール産生菌」がいるのなら、大豆製品を積極的に取る。
「エクオール産生菌」がいないのなら、「エクオール」のサプリメントを取る。

自分のタイプがわかれば、そういう選択が出来るのです。
そしたら対策を取りやすいと思いませんか?
という訳で、さくらも腸内細菌のチェックをしてみることにしました。
更年期 ソイチェック
ソイチェック
アマゾンで購入しました。
4104円なり。

昨年の12月まででしたら、モニターキャンペーンがあり無料でチェック出来たんだそうですが、残念…

検査は尿検査で行います。
必要な量を採尿して送り返せばOK。

これは大豆を食べたら「エクオール」を作れるかどうか判断する検査なので、採尿の前日に大豆食品を取るように書いてあります。
さくらは昨夜マーボ豆腐をしこたま食べたので、今日の尿はOKなはず。

さてどんな判定が出るのでしょうか。
もし「エクオール産生菌」がいなければ、速攻で「エクオール」のサプリメントを購入してみようと思います。
そうしたらチョイチョイ起こる片頭痛にも効果があるかもしれませんし。

何となくの不調が治まれば、やりたいことがドンドンはかどる!
なんだかワクワクしてきました~♡

検査の結果は10日くらいで出るそうなので、期待しながら結果を待ちます(^^♪

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル