ホーム更年期 ≫ 更年期なら知っておきたい、始まる時期とシンプルな閉経の見極め方

更年期なら知っておきたい、始まる時期とシンプルな閉経の見極め方


更年期閉経について書きます。
さくらも更年期に入り、ちらほら症状が出てきています。
更年期を知っておくだけで、楽になる症状もあるはず。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


更年期って、いったいいつからいつまでなんでしょうか。

閉経の前後10年間と言われていますね。
平均的な閉経年齢は、50.5歳と言われています。

さくらも今は更年期の真っ只中ですけど、そういわれてみれば、なんとなーくスッキリしないという感じが続くようになったのは、いつからだったのか、ハッキリとはわかっていません。

ざっくりいうと40代に入ってから、疲れが抜けないような気がする、と感じ始め、45歳くらいからは頭痛の回数が増えたり、眠りにくくなったりするようになりました。

この45歳あたりが、更年期の始まりだったのかもしれませんね。

更年期はいったいいつから?

閉経の前後10年といっても、閉経は人それぞれ違います。
閉経前に自分が更年期に入ったのか調べるには、基礎体温でおよそわかるようです。

基礎体温の見方は、更年期に入っている場合は、徐々に低温期と高温期の差が減っていき、山のない平坦なグラフになっていきます。
ちょうど「無排卵性月経」のような状態ですね。

そして閉経すると、低温期だけになり、高温期がなくなります。

これが基礎体温で見る、更年期の目安になります。
あくまでも目安だから、ぜったいこうなるとは限らないんですけどね。

そもそもどういう状態が、閉経したっていうのかな?

更年期と閉経

最後の月経から一年間、月経がない状態が続くと、閉経しましたってなるそうです。

これも目安なんだと思いますよ。

さくらは昔、アロマテラピーのトリートメントを習いに、学校へ行っていました。
その時の先生は外国の方で、医療としてアロマテラピーを使っている国の方でした。

先生はたくさんのクライアントさんに、アロマテラピーを行っていましたが、更年期の方もたくさんいらしたそうです。

閉経しているクライアントさんでも、トリートメントとをするとまた月経がはじまる方が、かなりの確率でいらしたそうなんですね。

だから月経がないから一概に閉経した、とは言い切れませんよね。
たぶんアロマテラピーで体の状態が良くなり、きちんと機能を始めたのかもしれません。

余談ですが…
あるアロマ会社の創始者の奥様は、52歳で結婚し、なんと53歳で妊娠、54歳で出産したそうです!
その後、57歳で次のお子さんを出産されたということなんです。

創始者である旦那様が奥様に毎日、アロマオイルを使ってトリートメントをして差し上げたんだそう。

このお話を聞いた時、さくらは腰が抜けるほど驚きました。
また、アロマテラピーに無限の可能性を感じた瞬間でもありました。


更年期は色々な症状が出てきて、悩みの種でもあります。
どうしてそんな症状が出るのか、さくらの体験を交えて書きますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル