ホーム50代の暮らし ≫ 電子タバコの水蒸気で頭痛?害はないって言うけど果たして安全?

電子タバコの水蒸気で頭痛?害はないって言うけど果たして安全?


いま流行りの電子タバコ。火を使わないので煙ではなく、水蒸気がモクモク出るものです。
日本製の物にはニコチンは入っていないので安全と言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


電子タバコは、最近よく街中でも吸っている人を見かけるようになるほど、ポピュラーになりましたね。
普通のタバコとは違い、火もいらず煙も出ないので、壁が汚れるということもないので、若い人を中心に人気があるようです。
電子タバコ副蒸気
煙の出るタバコは火をつけるので当然煙がでます。
この煙が副流煙と言われて、周りにいる人に悪影響を与えています。
受動喫煙と言われて、問題視されていますよね。

電子タバコから排出されるものは水蒸気なので、副蒸気と呼ばれるそうです。
副流煙では家族の健康に悪影響があるから、電子タバコに変えたという人もいると思います。

でも、この副蒸気って本当に安全なのですか?
何故かというと、頭痛持ちのわたしはこの副蒸気なるものを吸うと、ものすごくひどい頭痛になるのです。

頭痛は年中行事なのですが、大抵痛くなるには理由があります。
生理前、低気圧、台風、寝不足、お酒を飲んだ時、ネギ類を食べた時などなど。

ある日の夜、ものすごい頭痛に見舞われました。
原因を考えましたが、特に見当たりませんでした。
また違う日も、同じような痛さの頭痛が…

その日の行動を考えてみると、喫煙可の飲食店での出来事がありました。
タバコでもない、何だか変わったニオイがするなーと思っていたら、それは電子タバコの副蒸気がこちらの席まで漂ってきていたのです。

タバコではないし、身体に悪いわけじゃないから。
と、あまり気にも留めなかったのですがその夜は頭痛に。
後日、また同じ店へ行き副蒸気で、夜は頭痛。

これはたぶん副蒸気で起こった頭痛で間違いないと思われます。
なぜ副蒸気で頭痛が起こるか、考えてみました。
推測ですが…

一つ目は、副蒸気のニオイ。
電子タバコには、色々な香りが添加して売られています。
沢山の種類があるので、もしかしたら頭痛を起こすものは、特定の香りなのかもしれません。
わたしはこのニオイで猛烈にやられてしまいます。

二つ目は、水蒸気に害が?
日本製の電子タバコにはニコチンは入っていないそうですが、外国製のニコチン入りを個人輸入して吸うことは可能です。
ということは、ちまたで吸われているものはどんな内容かわかりません。

普通のタバコの煙ではこんなに頭痛はしないので、ニコチンで頭痛という訳ではなさそうですが、水蒸気に添加されている何かが頭痛の原因となっているようなのです。
肺から入るものは肝臓では解毒されないで、直接血液に溶け込んで身体中をめぐります。

解毒されていない物質で頭痛が起こることは考えられると思います。

この原因については、わたしの体感と推測なので確実な原因とは言えないかもしれません。
副蒸気を吸った人全員が頭痛になるわけではないでしょうし。

けれどせっかく家族の健康を考えて、タバコから電子タバコへ変えたという方には、ご家族の健康に悪影響があるかもしれないと、再度よく考えてもらえたらと思います。

子供は頭痛になっても、何が原因なのかなんて考えないと思いますし、まして水蒸気が原因なんて考えつかないかもしれません。

電子タバコを吸っている方で、周りに体調不良を訴える人がいたら、副蒸気も疑ってみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル