ホーム50代の暮らし ≫ マイナンバーで生活はどう変わる?そのメリットとデメリット

マイナンバーで生活はどう変わる?そのメリットとデメリット


もうすぐ届くマイナンバー、どんな仕組みなのかあなたは把握してますか?

さくらが見るテレビ番組といえば、夫が録画した健康番組と韓流ドラマがほとんど。
導入が決まるまでや、決まったあたりで、たくさんの報道があったはずですよね。

ですが、マイナンバーのこと、ほとんど知りませんでした。
きっと、池上彰さんあたりがとてもわかりやすく、解説されていたに違いありません。

よく分からないマイナンバーですが、今月の中旬から簡易書留で郵送されるそうです。
住民票の住所宛てに届くようですね。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


さてそのマイナンバー。
国民1人に1つ、12桁の番号がつけられますね。

総務省の説明書きをよく見ると、住民票を有する全ての方にとなってます。
住民票がない場合は、この番号もつかないということなのでしょうか。

マイナンバーのメリットは?

色々と調べてみると、横並びだったお役所の手続きが、簡単になるそうなんです。

役所で手続きするときに手間がかからず便利で、たくさんの書類をそろえなければならないということが、なくなるそうです。
マイナンバー
調べてみても、さくらにはこの程度しかメリットが感じられませんでした。汗

それよりもデメリットの方が気になる。

マイナンバーのデメリットは?

収入をすべて把握されるから、給付や課税などの間違いがなくなりますし、高額医療費介護費が素早く支払われるといったメリットもあるそう。

けれど、すべてを把握されるって大丈夫かな?

海外ではこのように個人を番号で識別するというのは、かなりメジャーなようですね。
日本は遅れているみたい。

すでにこのシステムで動いている海外では、漏えいすることや、なりすましが多々あり、社会問題になっているそうです。
ナンバーの売買もあるんですって!

さくらになりすまして、どこかで働いた人が賃金をもらい、税金の請求は突然さくらに回ってくるということも、あり得るってこと?
そんなこと、あってほしくないです。

つい先ごろも、年金機構の持っている個人情報が流出しましたし。
マイナンバーには、絶対厳重なセキュリティーをしてほしいですよね。

お役所だけの問題ではなくて、10月に入ってすぐにも、マイナンバー詐欺の電話があったそう。
被害はなかったようですが、システムが始まったばかりのころには、特にこういった詐欺が増えそうです。

システムが把握できるまで、さくらは日にちがかかりそうです。
池上彰さん、説明が欲しい…

今のところ使われるのはお役所だけのようだから、お互いに詐欺だけは気をつけましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル