ホーム美容法 ≫ あなたのお肌は大丈夫?インナードライや敏感肌の原因、ビニール肌の正体とは

あなたのお肌は大丈夫?インナードライや敏感肌の原因、ビニール肌の正体とは


敏感肌乾燥肌で悩んでいる方は、ビニール肌になっているかもしれません。

ビニール肌とは、パッと見はツルツルのゆでたまごのようで、とてもきれいな肌にみえます。
ですが、その実態は、大切な角質層がとられてしまっている、キメのないお肌なんです。

角質の大切さはこちらに詳しく書きました⇒もう肌荒れで悩まない。角質層の正しいスキンケアで肌トラブルはグンと減る。美容の基礎講座(4)

角質はお家に例えると、屋根の瓦にあたります。
もし瓦がとれてしまい、屋根に穴が開いていたら、お家のなかってどうなるでしょう?

太陽の紫外線がサンサンと、お家の中まで入ってきてしまい、家具や畳は劣化しますよね。
これはお肌でいうと、真皮という部分に紫外線があたって、しわを作り出す原因になることと同じです。

シミもできますしね。

そして屋根に穴が開くと、雨がお家の中にもってしまいます。
これをお肌でいうと、化粧水や美容液がしみてしまい、赤みが出たり、ピリピリしたりすることと同じです。

そんな危険なビニール肌はどうして作られるのでしょうか。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


ビニール肌はこうして作られる

ビニール肌は日常の色々な場面で作り出されます。
そもそも50代のお肌は薄くなっていて、このビニール肌にとてもなりやすいんです。
ビニール肌 敏感肌

1.クレンジング時にお肌を強くこすったりすることありませんか?
さくらは温泉などに行くと、皆さんがどのようにお顔や体を洗っているか、コッソリ観察しています。
(ゴメンナサイ 笑)

クレンジング剤をお顔にのばし、グルグルグルグル目が回っちゃわないかなって思うくらい、いつまでもお顔をこすっている人、多いです。

クレンジングは手早くが鉄則なので、必要以上に長い時間かけることもNGですが、強くこするとは角質がとれる原因になります。

こういう人は、いつも刺激を与えているので、お顔に毛細血管が浮き出ていたり、赤みが出ていることがよくあります。

2.コットンでバシバシ化粧水をつけることもとっても危険
ふやけて取れやすくなった角質が、どんどん取れてしまいます。

湯上りに脱衣所の鏡の前で、バシバシつけている人をみると、さくらは思わず手を止めたくなります。
たぶんつけた気がしなくて、強くたたいているのだと思いますが、化粧水を浸透させたい角質層って、サランラップ1枚分の厚みなんですよ。

そう考えたら、もっとそおっと化粧水、つけたくなりませんか?

3.ピーリングでのスキンケア
必要がないのにピーリングをし続けると、お肌は再生がうまくできなくなり、ビニール肌になりやすいです。

かさぶたがよい例ですが、あれは傷ができたところを、外からの刺激が入らないように早く修理しているんですね。

ですからかさぶたの部分って、ガサガサのお肌になりますよね。
とりあえず早く修理っていうことで、きれいでキメをそろえてなんて悠長なことはしないんです。

お顔でいうと、ピーリングを繰り返しているお肌は、角質が相当薄くなっています。
その薄い角質をまたとってしまうと、お肌を守ろうと、とりあえずのお肌が表面に上がってきます。
(ピーリングってそういうものですが…)

とりあえずの肌っていうのは、本来上がってくるはずのお肌よりとても小さく、育っていません。
水分や油分をため込めないばかりでなく、ターンオーバーに必要な分解酵素もきちんと分泌されないので、小さい角質は重なっていってしまいます。

これがトラブルを起こします。

ビニール肌どうって改善する?

ビニール肌になっている人は、とにかく化粧水も油分もため込めなくなっています。
さくらはサロンで、お客さまのお顔にマッサージをするときは、オイルを使います。

健康なお肌の状態の方でしたら、オイルをどんどん吸収して、しっとり弾力のあるお肌に変わります。
ところがビニール肌の方は、いつまでも吸収されず、ツルンツルンとすべるだけになってしまうんです。

上記のようにこすったり、たたいたり、ピーリングで簡単に角質はとれてしまいます。
まずはそこを気を付けること。

それから角質を育てること。
さくらのサロンではお家でのスキンケアに、一度洗い専用の美容液成分でできたクレンジング剤を使ってもらっています。

市販の一度洗い専用のものは、とても強いものが多いので、購入時にはよく吟味することが必要ですね。

一度洗いだけなので、クレンジングの後に、せっけん等での洗顔はしません。
夜メイクを落とす時だけこれを使い、朝は素洗いにしてもらいます。

これだけでも、かなり正常な角質が出来上がってくるんです。

スキンケアにはセラミドとオイルを使っていくと、水分と油分のバランスも取れて、改善が早くなります。

ビニール肌になっているときは、お肌がとても敏感になっているので、美白のスキンケアなどは避けたほうがよいですね。
刺激の強いものが多いですから。

まずは角質を取らないことに気を付ける。
そして角質を育てていく。

さくらもこの方法で、トラブルがグンと減りました。
時間はかかってもお肌はちゃんと答えてくれるので、気長に続けてみてください、応援してます!

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル