ホーム断捨離 ≫ 離婚するから迷わず捨てられた、買って後悔した3つのモノ。

離婚するから迷わず捨てられた、買って後悔した3つのモノ。


離婚するときに捨てたモノ、どんなモノがありますか?

あっ、答えられるのは、離婚したことのある方だけになっちゃいますね。汗

さくらの最初の結婚生活は14年間でした。
元夫と舅との3人くらしでした。

姑は早くに亡くなってしまったので、さくらは会ったことはありませんでした。

その家は、敷地が100坪もあり、建物も大きくて立派な家だったんです。
いまの貧乏暮らしとは正反対の生活でした。

まあ、貧乏の方が性に合ってるし、楽しいですけどね。
負け惜しみじゃないですってば。笑

そんな大きな家に嫁ぐということもあり、さくらの両親は気合をいれて、家具をそろえてくれたんですよ。

でも…

それがかえって、あだになってしまいました。

離婚して、住むところを決めていなかったさくらは、自分のサロンに仮住まいするつもりでした。

ですから、荷物はできる限り少なくしないとならなかったんです。

こんまり流に「ときめくか?」などと、感じている暇もないくらい、短期間で(たしか1週間くらいでした)すべてを片付けなくてはならなかったんです。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


最初に捨てた、買って後悔したモノ

これはメチャメチャ数が多くて、我ながらあきれました。
それは、「福袋に入っていた洋服」でした。

写真がなくて本当に残念です。

1週間のうちに、資源ごみの日は1回しかなかったので、とにかく間に合うように、最低限着るものだけを残して、ビニール袋に入れまくりました。
離婚 片付け 
何個くらいあったでしょうか。
45リットルの袋が30個くらい、んーもうちょっとかな。

さすがに1回でだすのは、業者さんに迷惑かもと思い直し、半分捨てて、元夫に残りを頼んでいきました。
嫌だったけど。笑

福袋を買うのが好きだったので、毎年お正月と、どこかで見かけては買っていたんです。
昔はお正月以外にも、福袋的なものを売っていたように思います。

地域性もあるかもしれませんね。

見ると欲しくて買ってしまいますが、結局着るものはいつも同じ。
福袋で買ったもので気に入ったものは、ほとんどなかったと思います。

なのに買ってしまうのは、袋を開けるときのあのワクワク感がたまらなかったからでしょうかね。

あれだけの数の福袋、いくらくらい使ったんでしょうね。
そのお金、今あったらどれだけ助かるか。笑

結局、引き取り手もなく後悔したモノ

洋服の次に、頭を悩ませたモノ。

それは両親に買ってもらった、タンス、クローゼット、ドレッサーでした。

家が広かったので、特に大きなものを買ってくれたんです。
おかげで福袋をいつくも買っても、しまうところがあったんですけどね。

せっかく買ってもらったのに、本当に申し訳ない。
捨てるのには忍びなくて、これが一番、頭を悩ませました。

そしてリサイクルショップで引き取ってはもらえないかと、問い合わせをしてみると、大きなものはあまり売れないと、断られました。
売り場の場所も取ってしまうでしょうしね。

ドレッサーにいたっては、14年の間に、数えるほどしか使っていませんでした。
あぁ、もったいない。

思い切って粗大ごみにとも思いましたが、出すにしても2階においてあり、下まで持ち出すことも大変な作業です。

それでもだれか人に頼んで捨てるつもりでしたが、舅が、
「しばらくはそのまま使って、後で何とかするから、置いて行っていいよ。」
と言ってくれたので、お言葉に甘えました。

その後は不明ですが、いまはどうなっているのでしょうか。

買ってしまっても、取っておいてどうなる?

迷わず捨てましたが、買わなきゃよかったと思ったものは、「ウエディングドレス」でした。

そりゃー離婚するんだから、買わなきゃよかったって思うのは当然かもしれませんね。笑

離婚でなければこれらと同じように捨てられなくて困ったかもしれません⇒ サザンオールスターズのグッズ、好きなタレントグッズはどう断捨離したらいい?

挙式の日いらい、一度も日の目を見ず、ドレスを購入した時のビニールケースにしまわれたままでした。

ドレスがかわいそう。

途中何度か、リサイクルに出そうか、いやいや、娘ができたら着るかもしれない(結局こどもはいませんが)とか、考えたことがありました。

けれど、何のアクションも起こさず、14年間しまわれたままでした。
あのままそこに住んでいたら、たぶん今でもそのままの状態でしまってあると思います。

ランドセルなどは、小さく加工し直して再利用したりできるようなので、ウェディングドレスも何かしら再利用はできるのかもしれませんね。

この時の経験で、ほとんどモノがない状態でも、何も困らずに生活できるということを知りました。

こんまりの言うように、少ないモノでも、大好きなモノだけに囲まれた生活を実践しようと、また固く心に誓いました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル