ホーム美容法 ≫ お肌の悩みはこれを見直さなければ、絶対にかわらない。そのアイテムとは?

お肌の悩みはこれを見直さなければ、絶対にかわらない。そのアイテムとは?


さくらがサロンのお客さまから、聞かれるベスト3に入る質問があります。

それは、お肌をきれいにするには、今のスキンケアにどんなアイテムを足せばよいのか、ということです。

たいていのお客さまは、ご自分のスキンケア方法があっているのか、間違っているのか迷っています。

自分にとっての一番良い方法を知りたいということなんですね。
あなたはいかがですか?

それで、どんな方法でスキンケアしているのか、詳しく聞いてみます。
たいていは、クレンジング、洗顔、美容液化粧水、乳液やクリームという形でのお手入れでしょうか。

または美容液を使っていないので、何か良いものを取り入れたほうがいいですか?という質問になります。

ですが、美容液よりも化粧水を高価なものに変えるよりも、お肌をきれいにしたいなら、一番見直してもらうものがあります。

これが悪いと、どんなに高価なもの使っても、何も効果が出ないんです。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


それは、クレンジング剤です。

クレンジングに関係するお肌の構造はこちらのにあります⇒もう肌荒れで悩まない。角質層の正しいスキンケアで肌トラブルはグンと減る。美容の基礎講座(4)

クレンジング剤が合わないものを使うと、どんなお手入れをしてもお肌はきれいになりません。

たとえ5万円のクリームを使おうが、高級エステに行こうが、きれいになりません。
と、さくらは断言できます。

断言できる根拠は、さくらを含め、クレンジング剤を変えるだけで、お肌が見違えるほど変わったお客さまが続出したからです。

お肌 クレンジング
さくらは元々お肌が薄くて、赤みが出やすいんです。
サロンで使う化粧品は絶対的に良いものを使いたい、と、たくさんのものを試しました。

そんな中、プラセンタを取り扱っている会社の化粧品を使ってみたところ、赤みが減り、お肌がとても健康的になったんですね。

嬉しくてサロンにも置くようにしたところ、使ってくださったお客さまの中には、お肌が若返った方もたくさん出てきました。

この会社のプラセンタの質がとてもよかったからなのです。

しかし…
使い続けていても、なんとなくお肌がヒリヒリする日が出てくるようになりました。

あるとき、業務用の新たな化粧品を探すため、初めての会社に説明を受けに行きました。

そのときにクレンジング剤がどれだけ大切か教えてもらったのです。

普通は、クレンジングでメイクを落とし、洗顔フォームを使ってお顔を洗いますよね。

プラセンタの会社もそうでした。
しっかり落として、良いものをお肌に使うという考えでしたので。

この会社のクレンジング剤は、1回用のもので、クレンジングの後の洗顔はいらないとの説明でした。

えーっなんか気持ち悪い…
と思いました。

その説明してくださった方、元々は某メーカーの美容部員だったそうです。
さくらと同じで、ダブル洗顔しないと気持ちが悪い派だったわけです。

だから最初会社に入った時に、クレンジング一回だけでいいといわれて、しぶしぶ使い始めたそう。
お仕事だからね。

だけどお肌がどんどん変わっていくのを実感したそうなんです。

洗いすぎはお肌にとって本当に良いことないんです。
大切な保湿成分をとってしまったり、お肌の表面をペローんってめくって、傷つけてしまったり。

そして強いクレンジング剤は、お肌を溶かします。

この2つを改善しない限り、お肌がきれいになることは絶対にありません。

さくらはクレンジング1回だけ、その後は洗顔しないですむ化粧品を使っています。

お客さまも、他のアイテムはお好きな会社のものを使っていても、クレンジングだけはサロンのものを使う方が多いです。

それはクレンジング剤を変えて、お肌がきれいになったのを実感しているからなんですね。

では、どんなものを使ったらよいのか、そこが問題ですよね。
次回くわしくお伝えしますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル