ホーム更年期 ≫ 運動しないで更年期太りを解消するには、寝る前のこの方法が効果的。

運動しないで更年期太りを解消するには、寝る前のこの方法が効果的。


更年期太りを解消するため、真剣に対策を考え始めました。

痩せるには、新陳代謝を上げて行くことが大切ですよね。
それには食事、運動となりますが…

何年か前に試して結果のでた、糖質ダイエットでは、もうさくらの脂肪はウンともスンとも言ってくれません。

そして運動。
スクワット3回で力尽きました。笑

もともと運動は好きではないのですが、老化は足からといわれていますから、鍛えておかないといけないですよね。

でもまずは少しでも体重を軽くしてからのほうがいいかな、なんて、楽をする方向ばかりむいているさくらです。

少し体重を落とす。
どうやって?

今まで実践したことのある健康法の中から、更年期太りと不眠にも効く、簡単な方法を引っ張り出してきました。

寝る前のちょっとした時間で、簡単にできる方法です。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


自然療法家の東城百合子先生が推奨されている、こんにゃくを使い、肝臓と腎臓を温める方法をもっと簡単にしたものです。

冷えていては新陳代謝は上がりませんよね。
さくらは夜中のホットフラッシュがあったせいで、体は冷えていないと思い込んでいましたが、いがいと冷えていることに気が付きました。

夜中のホットフラッシュのお話はこちら⇒ 更年期の不眠はこうして起こる。辛い症状の原因とは?

更年期で暑く感じてもいがいと体は冷えているお話はこちら⇒更年期症状は、この2つの冷えを知ることで予防できる

ですから、先に体を温めて体温を上げ、新陳代謝をよくして、体重を減らすという作戦に出ました。笑

東城先生は、肝臓と腎臓を温めることが大切とおっしゃっています。
どうしてなのでしょうか。

肝臓を温めると冷えに効くのはどうして?

肝臓を温めるとたくさんの効果があります。
冷えに効果的なのは、肝臓には全身の約40%の血液が集まることが関係します。

肝臓を温めることで、全身にいきわたる血液が温まり、冷えの改善につながります。
全身の細胞が生き生きと出来るんですね。

血液が上手に全身を回るというとは、栄養や酸素もいきわたります。
脂肪を燃焼させるには酸素が不可欠なので、、冷えを改善することはとても大切なことです。

腎臓を温めると冷えに効くのはどうして?

腎臓もとても大切な臓器で、むくみに関係します。

腎臓は体の水分の99%を浄化して血液にリサイクルし、余分な残りの1%を尿として体の外へ出しています。

いつもむくみがひどかったり、クマがひどい、頭痛がするなどは、このサイクルが上手くいっていないことが考えなれます。

むくみがひどくて体の中に水分がたまっていると、その部分が冷えてしまします。
体は賢いので、冷やすまいと脂肪をつけて体を守ります。

ですから、体の水分をうまく循環させるようにして、腎臓に快適に働いてもらうことが大切なんですね。

さくらの体には、脂肪を付けるなどという、そんなお気遣いは結構ですと。

寝る前に簡単、肝腎を温める方法とは

東城先生は温めたこんにゃくを使い、肝臓腎臓を温め、脾臓を冷やすという方法を進めていらっしゃいます。

さくらも以前はこんにゃくでやっていました。
肝臓腎臓を温めている間に眠ってしまうので、脾臓を冷やすまで行ったことはありませんでした。

しかし、こんにゃくを温めるのって結構めんどう…
それがネックになりやめてしまいました。

それを簡単に出来る方法は、レンジでチンするカイロを使う方法です。

簡単でよく眠れる

さくらはこちらのゆたぽんを使っています。
更年期 冷え 対策
こんな箱に入ってます。

更年期 冷え 温める
中身です。

前に使っていたものよりも、サイズが大きくなったみたいで、腎臓に乗せるのには便利になりました。

レンジ600Wで3分、ひっくり返してまた3分。
500Wならば3分30秒、ひっくり返して3分30秒。

これで7時間くらい温かさが持続するそうです。
温めるときにやけどしないように気を付けてくださいね。

腎臓の場所はこの写真の赤いまるがついているところです。

更年期 腎臓
ウエストの少し上で、背骨の両側についています。
ここに温めたゆたぽんを20~30分のせます。

次に肝臓をあたためます。
肝臓は右の胸の下、肋骨の中のあります。

ですから、ゆたぽんを置く場所は、
仰向けになり、おっぱいのすぐ下に置く
右を上に横向きになり、肋骨の上に置く
どちらかでよいと思います。

同じく20~30分のせます。

時間がない時には10分くらいずつでも、続けていけば体重とは別の話で、体が軽くなり、疲れも取れますよ。

そしてこの方法のよいところは、ぐっすり眠れるんです。

更年期太り解消のはじめの一歩。
一緒に始めませんか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル