ホーム更年期 ≫ 舌が痛くて食事が取れない、人と話がしずらい、更年期に多い舌痛症とは?

舌が痛くて食事が取れない、人と話がしずらい、更年期に多い舌痛症とは?


朝起きると舌が痛いことってありませんか?
さくらはもう慣れてしまいましたが、朝起きると舌がヒリヒリしています。

2年ほど前からこのような症状が起こり始めました。
最初気が付いたのは、久しぶりに漢方薬を飲もうとした時です。

口に漢方薬を含んだとたん、
「に、に、にっがーーーい!!!」
今まで感じたことのない超ウルトラ級の苦みを感じたんです。

それから注意深く、舌を観察してみました。
鏡で見ることももちろんですが、何かを食べた時の味の感じ方とか、人としゃべる時の感じなど。

すると気が付かなかったのですが、それまでとは味の感じ方もかなり変わっていたようなのです。
味がとても濃く感じるし、少し辛い物を食べると、ヒリヒリして舌が痛いのです。

口にティッシュペーパーを入れて、出した後のような感覚だったので、てっきりドライマウスだと思っていました。
ドライマウス用の舌を潤す市販薬も購入しましたが、ほとんど変化がなくて、やめてしまいました。

ところがある日、テレビを見ていたら、それが更年期によく起きる舌の病気「舌痛症」だとわかりました。
「舌痛症」とはいったいどのような病気なのでしょうか。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


舌痛症の症状

舌痛症になると、舌がピリピリ、ヒリヒリする感じがあり、熱さを感じたりもします。
舌先やふちが多いとの情報が多いですが、さくらは舌全体にこれを感じます。

見た目は変化がないので、本人しか症状はわからないようです。
更年期 舌痛症

どんな時に痛みが現れる?

食事中は痛みを感じないと言われているようです。
しかし、前出しましたが、辛いものや味の濃いものはしみるので、食べにくいですね。
それから熱いものも食べにくいです。

夕方から夜にかけて多いといわれているのですが、さくらは朝起きた時が一番つらいです。
これも個人差があるのでしょうか…

原因ははっきりしていない

更年期の女性に多いことから、ホルモンバラスンが悪くなることや、自律神経が崩れることも原因の一つのようです。

更年期になっているか簡単にチェックできる方法はこちら⇒あなたのイライラ、更年期レベルはいくつ?今すぐ出来る簡単チェックがおすすめです

味覚障害がある場合には、亜鉛欠乏が原因となっている場合もあるそうですね。

治療法は?

原因がはっきりしていないので、この治療というものはないそうです。
一般的には薬物療法がおこなわれるようで、抗うつ剤や漢方薬が使われます。

この場合の抗うつ剤は、うつの症状に処方されるものとは意味合いが違うようで、痛みを緩和するための処方だそうです。
漢方薬で効果を発揮することもあるので、こちらの方が気軽に試せますよね。

いずれも医師の診断が必要になります。
「舌痛症」の診察は、歯科、口腔内科、口腔外科あたりになるそうです。

痛みがひどくていつも気になるようでしたら、我慢せずに診察をうけてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントありがとうございます❤

てらせとしえ様

初めまして!
コメントありがとうございます。
としえさんも舌痛症を発症されたのですね。

更年期には気持ちの浮き沈みが、今までに無いほど激しいときがありますし、お薬を使って楽に過ごせるようにすることは、とても大切だと思います。

さくらも一時期よくなったかな?と思われた舌痛症が、ちょいちょいぶり返して、痛かったりします。
最初の頃の痛み程では無いものの、不快ですねー(>_<)

ガムは試したことが無かったので、やってみますね!

更年期はほんとーに色々なことがおきますが、自分の身体と心に向き合う、大切な時期だと、最近は思うようになりました。
今までは健康が当たり前でしたから(^_^;)

中々更新できてませんが、このブログで皆さんと情報の交換が出来ればと思います。

これからも宜しくお願いいたします!m(__)m

さくら

さくら | 2016.09.25 01:40 | URL


舌痛症

私は47歳で発症しました。抗鬱剤を始めたところです。
ドライマウスと疑っていましたが違っていました。
辛い時はガムをかむなどして維持していますが、何とか治らないものかと通院して様子見です。
ぴりぴり感は無くなりますよ

てらせとしえ | 2016.09.17 08:19 | URL


ちびさん、初めまして!

ちびさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。

舌痛症の方、意外と多いのかもしれませんね。
痛いのは本当につらいですよね。。

舌先や縁や口の中が痛い、痛みが特定できない、そんなこともありましたよ!
わたしは当時、日によって痛い場所が違ったり、痛みの強度も違いました。
口中が渇くこともあり、人と長時間話をするのがとても辛かったです。

現在は、ほとんど痛みを感じることはなくなりました。
慣れてしまったこともあるのかもしれませんが、そういえば痛かったんだっけ…
という感じです。

やはりホルモンが関係しているのかもしれませんね。
ホルモンがというよりも、ホルモンが少なくなっていく状態に
身体が慣れてきたのかもしれません。

いずれにしましても、ちびさんの舌痛症がホルモンが関係しているとしたら、
私と同様で気にならなくなるくらいに落ち着くかもしれませんね!

痛みのある時は辛いですけれど、お互い上手に更年期を乗り切りたいですね。

さくら | 2016.05.15 19:13 | URL


はじめまして

さくらさん、はじめまして。
ワンちゃん可愛いですね!

実は舌痛症のことを調べていて辿り着きました。私もアラフィフの更年期真っ只中です。

ネットでググると舌痛症って食事中は痛みが消えるとか、朝より夕方から夜にかけて痛みが出るとかって出てきますよね。でも私もさくらさんと同じで朝から痛かったりとか食事中にも痛かったりするんです。なので、本当に舌痛症?とか不安になっていたところです。それで、さくらさんの記事を拝見して「あぁ、同じ人がいた!」ってちょっと安心しました。

あと、私も舌先や縁が痛いこともありますが、口の中(上顎)まで全体が痛くて、どこが痛いか特定出来ないときもあるんです。さくらさんはそのようなことはありませんか?

ちび | 2016.05.05 19:41 | URL[ 編集 ]


テトリンさん、ありがとうございます

テトリンさん
初めまして、いつもご覧くださりありがとうございます。
テトリンさんも舌痛症なのですね…
首のリンパが腫れて舌が痛くなったとは、相当に大変でしたね。
お察しします。
ネットなどで調べると、食事中は痛みを感じないことが多いとありますが
結構いたいですよね。ヒリヒリ感も続きますし。
本当に、あまりにも色々な経験をさせられるので、ビックリの連続です。笑
良い年の取り方していきたいですね。
テトリンさんもご自愛くださいね。
さくら

さくら | 2015.11.06 20:02 | URL


はじめまして いつも楽しみにブログを拝見しています。
下痛症まさにお盆あけからなりました。きっかけは疲れ?からか
初めて首のリンパが腫れ同時に舌が痛くなり 食事も食べれないほど
ヒリヒリでした。今も少し残っています。耳鼻科 歯科いきましたが
薬もなく 耳鼻科は無視 歯科で舌痛症をいわれました。
思わずコメントしてしまいました。
50を過ぎていろいろでてきますね。
お互い大事に年をとっていきましょう。

テトリン | 2015.11.06 12:11 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル