ホーム断捨離 ≫ ひとめぼれが無駄になる瞬間。夏物のシャツ3枚断捨離しました

ひとめぼれが無駄になる瞬間。夏物のシャツ3枚断捨離しました


今日は資源回収の日なので、夏物のシャツを3枚断捨離しました。

せっかく始めたのだから、日々の忙しさに負けずに断捨離を続けられるように、洋服は資源回収の日を締め切り日にして捨てるようにしています。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


もう絶対に着ないような色味のシャツ、とっくに捨ててしまっていたと思っていた着たおした感のあるシャツ、柄がメッチャ気に入ってひとめぼれで買ったのに全く似合わなかった(笑)シャツ、計3枚です。

断捨離 洋服

やっぱり洋服はよく見て、自分が何を持っているのかたまには確認しないとだめですね。
いぜん相当捨てているし、その後、洋服はあまり購入していないから、もう大して残っていないだろうと思っていました。

いぜん相当捨てたお話はこちらです⇒離婚するから迷わず捨てられた、買って後悔した3つのモノ

ところが探してみたところ出てきました。
いつ購入したのか不明なオレンジのシャツ。
これ、今では絶対に着られません。

体重的にも年齢的にも…笑
なぜ取っておいてあるのか、なぞでした。

真ん中にある黒いシャツは、フリルが付いていて、お気に入りだったものです。
これは着すぎて色が白っぽくなってしまったので、捨てたと思っていたのですが、なんて物持ちがいいのでしょう。

それから一番右のシャツは、ひとめぼれして買ったものです。
ちょっと画像では見ずらいかもしれませんが、赤い模様が鳥の絵なんですね。

家では鳥を飼っているので、鳥をモチーフにしているものは、すぐに欲しくなってしまいます。
このシャツは白地に緑色の葉っぱ模様。

緑が好きなことと、鳥好きなことが重なって、見てすぐに購入してしまいました。
その時、ちょっと小さいなと思ったのですが。

家に帰って着てみると…
に、似合わない(;'∀')

残念なことに全く似合わなくて、夫にも大笑いされました。
おまけに小さすぎて、羽織ることしかできません。
あー残念だなぁ、可愛いのになぁ。

そう思い、なかなか捨てられずにとってありました。
ですが、この先出番はもうないでしょうね。

いいなって思っても、実際に着られないのでは、お金を捨てているようなものですね。
買われた方のシャツも迷惑ですよね。
もっと似合う人が、着たおすまで着てくれれば、まっとう出来るのに。

たとえひとめぼれでも、ちょっとでも疑問を持ったら(この場合はサイズが小さかったこと)買わない。
必ず試着。
また一つ自分の中に教訓が増えました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル