ホーム断捨離 ≫ 人間関係の断捨離をしたければ、まずは携帯のアドレス帳から

人間関係の断捨離をしたければ、まずは携帯のアドレス帳から


10年くらい前、まだ断捨離という言葉がたぶんなかったころ、携帯のアドレス帳の断捨離をしました。

アドレス帳の断捨離というよりは、人間関係の断捨離といった方がよいのかもしれません。
人間関係について考え始めたきっかけは、このようなものでした。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


当時は友人との飲み会やら、名刺交換会などというものによく出ていて、そのたびに新しい知り合いが増えていきました。
(そういえば、名刺もたっくさん捨てました)

アドレス帳がいっぱいになっていくことや、名刺が増えていくことがステータスのような時期でもありました。

けれども、そのようなお付き合いが多いと忙しいばかりで、出席してもなんだかつまらないなぁ…と感じるようになりました。

年齢のせいなのかもしれません。
40歳前後のころです。

つまらないと思う時間がもったいない。
若いころにはそれほど感じないかもしれないけれど、年齢を重ねていくと、時間がとても貴重に思えてくるんです。
あなたも同じように感じているかもしれませんね。

貴重な時間ならば、好きな人と楽しい時間を過ごしたい。
大切な人のために、自分の時間を使いたい。
そう思うようになったんです。

それで当時、携帯のアドレス帳の断捨離をしたんです。
いまの20代30代の人たちに比べたら、少ない数だったかもしれませんが、それでもかなりの数が登録されていました。
断捨離 携帯アドレス帳 人間関係

全く連絡を取っていない人もいました。
あきれたことには、中学生の頃の友人の番号もいくつかありました。笑

一番困ったのは、これは誰なのか?という番号でした。
消してしまってよいものか、どうなのか…笑
パソコンのデータファイルの断捨離と一緒ですね。

2つの方法でパソコンのデータを断捨離する方法はこちらです⇒パソコンデータは2つの方法で断捨離しよう。データがごちゃごちゃで要らないものだらけの人も簡単に出来る方法とは

迷った番号はそのまま保留し、何年も連絡を取っていない人は消してしまいました。

それから飲み会やお付き合いも、親しい大切な人とだけ行くようになりました。
そうしていくうちに、おのずとお付き合いする人も減っていきましたが、それは精神的には心地の良いことでした。

わたしにとって、大切にしたい人の一番の基準は、「価値観が同じ」ということでしょうか。
みなさんそうかもしれませんが。

「価値観が同じ」であると、職種や立場が違っても、話をしていてとても楽しく、有意義な時間がすごせます。

お付き合いが多い人は、なかなか思うような人間関係を作るのは難しいかもしれません。
でも人間関係を見直すきっかけとして、アドレス帳の断捨離をしてみるのもよいかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル