ホーム美容法 ≫ あなたのお肌もすぐにプルプル。今晩からすぐに試せるこの方法で美肌が手に入る

あなたのお肌もすぐにプルプル。今晩からすぐに試せるこの方法で美肌が手に入る


美肌の条件って何でしょうか。
たくさんある中で、今日はお肌の水分について考えてみたいと思います。

水分がたくさんあり、潤っているお肌って、遠目に見てもプルプルしていてとてもきれいに見えますよね。
そんなきれいなお肌をしている人は、どんなお手入れをしているのでしょうか。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


そもそもあなたは、何のためにスキンケアしてますか?
そりゃあ、きれいになりたいから。
ですよね。

さくらもずーっとそう思い、ひどいニキビ肌だった10代の頃から、きれいになるために研究していたんです。
エステティシャンになった時、ハーブを使った美容を教えている先生がこんなことをおっしゃっていました。

「スキンケアとは、不足を補うこと。」

水分が足りなければ、足してあげる。
油分が足りなければ、足してあげる。
体内からの栄養が不足していれば、外から補う。

足りていないところを足してあげる、それがスキンケアなんですね。

特にこんな季節の変わり目は、乾燥している人がとても多いです。
水分、油分が全然足りていない。

だからこのような季節の変わり目には特に気を付けて、いつも以上に化粧品をたくさん使ってほしい。
お店側の化粧品を売るための戦略ではなくてね。笑

お肌の乾燥には化粧水

お肌に潤いがなく乾燥していることは、トラブルの一番の原因になります。
お肌が乾燥していれば、まずは化粧水です。

化粧水よりも美容液をたくさん使った方がよい、という意見もありますが、お肌が潤ってないところに美容液をつけても、浸透はよくありません。

もともと化粧品をケチって、すごく少ない量しか使っていない方も多いようです。
ですが、不足しているものを補うという考え方から行くと、50代の女子には、普段から少し多めの量をお肌に与えたほうが、調子がよいと思いますよ。

更年期の時期でもありますし、水分や栄養などは、お肌まで回ってくることは難しいです。
だから外から補う意味で、化粧品を使うんですよね。

それならばキチンと効果を出す使い方をしないと、結局はもったいないと思いませんか?

潤いを手に入れるのは、超簡単

お肌に潤いを与えるのは、化粧水の役目が大きいです。
あなたは、化粧水の重ね付けしてますか?

重ね付けをすることで、お肌の潤い方は全く違ってきます。
さくらのサロンの化粧水は、500円玉の大きさで2回重ね付けするということをすすめています。
美肌 化粧水
昨日、その化粧水を扱っている業者さんから、メルマガが来ました。
そこにはいつも、美容に関する情報がたくさん載っていて、おもしろく読んでいるのです。

そのメルマガには、500円玉で2回は最低の回数です。
と書かれてありました。
最低ってそりゃぁ、業者なんだからたくさん使うようにすすめるよね、と思いつつ読んでいたんです。

そしたら、わたしは500円玉で5回は使っています。
書いてあり、ギョッとしました。

それを書いた人は、すっごくお肌がきれいなんです。
その方にお会いするたびに、さくらは、あんな肌になりたいなって見とれるほどキレイなんですね。

そうか5回か。
素直(単純ともいうが…)なので、さっそく夜5回の重ね付けをしてみました。

プリプリ感が半端でなかったです。
もっと早く教えてよ…
そんな気持ちになりました。

ですから今日からプリプリの美肌を手に入れたければ、
・朝晩2回以上
・時間がなければ夜だけでも

重ね付けしてみてくださいね。
手で押し付けるように、キチンと浸透させてください。

さくらはこのまま5回を続けてみます。
結果ご報告ますね。

化粧水は、ただの水とは違うので蒸発しずらいはず、だけど…

ただのお水や汗は「自由水」といって、そのままにしておくと蒸発します。
化粧水や美容液は、「結合水」といい、お水などが他の物質とくっついているので、蒸発しずらくなっています。

ですが乾いたお肌に化粧水をほんの少しお肌につけて、そのままにしておくと、すぐに蒸発をはじめてしまいます。
お肌の水分も一緒に持って行ってしまうので、お肌の乾燥がはじまります。

これは化粧水に配合されている成分にもよるので、一概には言えませんが、さくらの経験ではそのようなことが多かったです。

ですから、化粧水は多めに使った方が良いと思いますよ。

それでも乾燥しているときに見直したいこと

もともとお肌に必要ものを、クレンジングや洗顔で取り去ってしまうスキンケアを続けていると、どんなことをしてもプリプリのお肌にはなりません。

お肌の構造はどうなっているのか、こちらに詳しく書いています⇒もう肌荒れで悩まない。角質層の正しいスキンケアで肌トラブルはグンと減る。美容の基礎講座(4)

やりすぎるとお肌はこんな状態になってしまい肌荒れをおこします⇒あなたのお肌は大丈夫?インナードライや敏感肌の原因、ビニール肌の正体とは

まずはお肌の状態をよくして、そのあと、スキンケアについて考えます。
化粧水の重ね付けでも改善されない場合は、こんな作戦でも効果がでますよ。

どんな作戦かはこちらの記事をご覧くださいね⇒化粧崩れや乾燥は、時間がない朝の簡単なひと手間でコストをかけずに改善できる

お肌の調子が悪く、化粧水がしみてしまうようなときには、化粧水は使わない方がよいです。
そんな時には、お肌に浸透するようなものではなくて、ワセリンなどクリーム類を上手に使い、保護することをしてください。

スキンケアはお肌の調子で変えていき、不足を補うことが美肌への一番の近道です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル