ホーム更年期 ≫ 4人に1人の子宮筋腫、更年期の大量出血に「逃げ込み療法」が使われる訳

4人に1人の子宮筋腫、更年期の大量出血に「逃げ込み療法」が使われる訳


更年期ホルモンバランスが崩れ、月経周期が長くなったり短くなったりということがありますね。
それに加えて、月経時に大量に出血する場合もあります。

そんな時に行う「逃げ込み療法」という治療。
いったいどんな治療法なのでしょうか。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


子宮筋腫を持っている人は、更年期のホルモンバランスが崩れるとき、大量に出血を起こすことがあります。

さくらの周りの更年期女子にも、こんな人たちがいます。
「夜用のナプキンをして、タンポンもしていたのに、2時間も持たずに大量に出血した」
「あまりに出血がすごすぎて、外出できなくなってしまった」
「ふと気が付いたら、洋服が汚れてしまっていた」

これではおちおち出かけてもいられませんよね。
それに加え、月経の期間が2週間近くあり、おまけに終わったと思って安心していたらまた1週間後に生理になった、そんな人もいました。

このような症状は子宮筋腫だけではなく、他の病気が隠れている場合があるので、普段と違う生理になったときには必ず婦人科での診察をするようにしてくださいね。

さくらも婦人科へは更年期のホルモン検査へ行ったんですよ⇒【体験談】 女性ホルモンの残りあとどのくらい?血液検査に行きました 更年期の検査(1)

ちょっと面倒と思っても行けば解消される不安がありますよね。
ぜひ上手に利用してください。

更年期の大量出血で困っている人たちへの治療に「逃げ込み療法」というものがあります。
「逃げ込み療法」とはどんな時にする治療?

40歳の後半で閉経に近く、子宮筋腫や腺筋症などで、前出のように大量出血してしまう。
手術はしたくない。
このような人には「逃げ込み療法」が行われるそうです。
更年期 逃げ込み療法

「逃げ込み療法」とはどんな治療法?

大量出血の原因は女性ホルモンなので、女性ホルモンを抑えていく必要があります。

女性ホルモンは卵巣から出るものなので、卵巣の機能を低下させるんですね。
普通は閉経が近くなってくると卵巣の機能が低下して、女性ホルモンが少なくなってきますよね。

そして更年期症状や、更年期障害が起こるわけです。
それを人工的に起こすのが「逃げ込み療法」なんです。

点鼻薬や注射でホルモンを抑制する薬を使い人工的な閉経状態にして、大量出血などの症状を改善させます。
「逃げ込み療法」の特徴は?

急激に女性ホルモンが減ってしまうので、ホットフラッシュや不眠、めまいなどの更年期の症状が出ることがあります。

更年期の不眠で辛い方はこちらをご覧ください⇒ 更年期の不眠はこうして起こる。辛い症状の原因とは?
更年期症状には豆乳も効果的です⇒コップ一杯の豆乳で、更年期の片頭痛が一気に解消しました

この「逃げ込み療法」は、6カ月続けることが目安なようで、改善されなければ薬の量を減らすなどして、さらに続けることもあるんだそうです。

ただし費用が、医療保険3割負担で1カ月約1万円かかります。
保険適用でもかなり効果ですよね。
そして長く続けると骨粗しょう症の心配も。

大量出血は女性ホルモンが原因ですが、その女性ホルモンが不安定になるのは更年期だからだけではないようです。
ストレスを抱え込んだり、食生活が悪かったり睡眠不足でも、女性ホルモンは変化します。

治療方法はたくさんありますが、まずは自分自身の生活を振り返って体を大切にしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル