ホーム断捨離 ≫ ダンシャリアンとミニマリストとタメコミアン、あなたが一番目指したいのはどこですか?

ダンシャリアンとミニマリストとタメコミアン、あなたが一番目指したいのはどこですか?


断捨離の大御所、やましたひでこさんのブログをよく見ています。
そのなかに、ダンシャリアンミニマリストと違う理由が書かれてありました。

その記事では、ダンシャリアン、ミニマリスト、タメコミアンなる人がのっていたんです。

断捨離がどんどん進んでいくと、どんな状況になるのか、さくらは知りたかったのでこの記事を興味深く読んでみました。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


いぜんミニマリストと断捨離とシンプルライフの違いを書きました。

その記事はこちらです⇒ 片づけしようと思いました。その前に、断捨離、ミニマリスト、シンプルライフ違いは何?

断捨離はモノを捨てる行為のことで、断捨離をする人のことをダンシャリアンというようですね。
ダンシャリアンとミニマリストはどちらも人のこと。
ダンシャリアン ミニマリスト タメコミアン

やましたひでこさんのブログには、ダンシャリアンとミニマリストの決定的な違いが書かれてありました。

「ダンシャリアンは過剰になって対応できなくなったモノに始末をつけている。
ミニマムなゾーンまでには手を染めてはいない。」

このような考えなんだそうです。
つまりはのダンシャリアンは、適正なモノの数になるまで断捨離をする人のことのようですね。
今必要のないモノに対して決着をつける、これがダンシャリアン。

だからいずれまた時期が変われば、必要なモノは購入する。
「モノ」ではなく、「その時々に応じる」という心の在り方なのでしょうか。

ミニマリストは最小限これさえあれば暮らしていける、というその人にとっての必要最低限のものだけで暮らしている人のことですよね。

さくらは、断捨離をどんどんと進めて行って、必要最低限で暮らしている人がミニマリストだと思ってました。
けれど、断捨離は「捨てる行為」というわけではなく、もっと深い意味の「考え方」だといいます。

となるとミニマリストになりたい人が、モノを捨てていく行為は断捨離とは言わないのかもしれません。
なんというかは不明ですが…片付け?

いずれにしても、自分が気持ちが良いと思えるところまで、モノを捨てる、片づけるが出来ればよいのだと思います。

佐々木典士さんも、
「ミニマリストになりたくてモノを捨てたというよりは、モノがない暮らしが気持ちが良いと感じたのでここまで捨ててきた。」
と、おっしゃってました。

佐々木典士さんがいらしたときの記事はこちらです⇒テレビ取材でミニマリストの佐々木典士さんとご一緒させていただきました。

そしてミニマリストに対して、タメコミアンなる人もいるんだそう。
これはやましたさんの造語なんでしょうか。

その名の通り、ため込んでしまう人たちのことで、ミニマリストの対極にいる人たちのことですよね。
どの辺までをタメコミアンというのでしょう。

ゴミ屋敷みたいな家?
それとも昔のさくらのように、いつか使うからと洋服や本やら家じゅうにしまい込んでいるような人も含めて?

自分がその位置を心地がよいと感じるならば、それで良いのではと最近思うようになってきました。
とはいっても、家族がタメコミアンだったら…
それで良いといえるかどうか、自信はないですが。笑

あなたは、ダンシャリアン、ミニマリスト、それともタメコミアン、どこを目指しますか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル