ホーム美容法 ≫ その化粧品の使用期限、いつまでですか?結果を出すために気にしてほしい、使用期限と保存方法

その化粧品の使用期限、いつまでですか?結果を出すために気にしてほしい、使用期限と保存方法


あなたが今お使いの化粧品、いつ購入したものですか?
開封したのはいつですか?

化粧品の使用期限を気にしながら使う人は、なかなか少ないようです。
匂いや色が変わらなければ大丈夫と思っている人も多いようですが、実際のところどうなのでしょう。
知りたい情報を、ポチッと押してみてね!


ご存知ですか?化粧品の使用期限

化粧品の使用期限は、未開封で3年、開封したら1年という決まりがあるそうです。
未開封といっても、買う前にどのくらい保存されていたのかは、お店の在庫の状態や、売れ行きなどによっても変わってきますよね。
化粧品 使用期限

ですから信頼できるお店で購入することや、いつも売れていて常に新しい商品が入っているお店で購入することがおすすめです。
そして出来るだけ1年以内に使い切れる量を購入し、余計な買いだめなどはしないことが得策といえます。

開封後一年は大丈夫。だけど…

開封後、一年間は大丈夫なように作られている化粧品。
ですが、保存の状態によっては中身の劣化の仕方が全く変わってきます。

気温の高い部屋や、また直射日光が当たるところなど、化粧品にとって劣悪な環境だと、当然劣化も早いですよね。

化粧品はあなたの願いをかなえるパートナー。
涼しい場所を選ぶなど、置き場所を考えてあげてくださいね。

化粧水を冷蔵庫に保存してもよいですかと、よく聞かれます。
その化粧水が、お肌にどのような働きをするのかによっても、違ってきます。

お肌に浸透させて成分の効果を期待するものであれば、絶対冷蔵庫に入れない方が良いです。
何故かというと、浸透させるには温かくなければ入っていきません。
冷蔵庫に入っている化粧水を人肌までに温めるには、結構大変ではないですか?

もし冷蔵庫に入れるのであれば、肌を引き締める効果を期待するような化粧水か、防腐剤が入っていないもの、この2種類ではないでしょうか。

そして一年は持つといっても、中身の成分はだんだんと酸化してきています。
少しずつでも酸化していては、お肌に良い影響をあたえませんよね。

さくらのサロンは開封したものは、長くても半年、基本的にはワンシーズンで使い切るようにおすすめをしています。

特に精製されていない自然のオイルなどを使ったものは、劣化するおそれが大です。
この機会にお手持ちのものを再確認してみてください。

化粧品は目的をもって合うものを選ぼう

化粧品が使い切れない理由として、使う量が少なすぎるということもあります。

必要以上に使うことはしなくて大丈夫ですが、効果を出すためにはある程度の量も必要ですね。

化粧水ならこんな使い方をすれば、「お肌のきれいな人」に見られます⇒あなたのお肌もすぐにプルプル。今晩からすぐに試せるこの方法で美肌が手に入る

よくたとえ話としてお話しするのですが…
ゴマは体に良いので毎日食べています。
でも、食べている量が一日1粒だったら効果ありますか?

極端なお話ですが、こんな使い方をしている人結構多いのですよ。
節約で少なくしているのかもしれませんが、逆にもったいないです。

さくらもエステティシャンになる前は、知り合いのエステで1万円近くする美容液購入し、使ったことがありました。
当然、ケチケチ使っていましたので(笑)、効果が出ないばかりか、いつもお肌が乾燥していました。

何のためにお金を支払っているのかわかりませんよね。
結局その後は価格は下げて、たくさん使えるものに切り替えました。

惜しげなく使える化粧品を、目的に合わせて購入し、早めに使い切ることがお肌には一番よいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 50代の劣化に負けない暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル